京都CLUB METROの30周年ロンTプロジェクトに参加させていただきました。

2020.09.22

京都CLUB METRO @metro_kyoto さんの30周年ロンTプロジェクトに参加させていただきました。
川尾のテーマは○△□ まるさんかくしかく。
METROは地下にある宇宙^ ^

日本のみならず世界中の様々なカルチャーが集まる場所CLUB METRO。
私も2010年に谷川俊太郎さんのイベント”俊読”に出演させていただきライブパフォーマンスをしました。

学生の時に、オーナーのニックさんから”音楽は世界中の人が1つになれる。そんな場所を作りたくて”という言葉を聞いてから、ずっとMETROのファンです。これからも大好きな場所!METROを応援しています^ ^

METRO KYOTO 30th SHOPにて購入いただけます!
https://www.kyotometro.com/

View this post on Instagram

京都CLUB METRO @metro_kyoto さんの30周年ロンTプロジェクトに参加させていただきました。 川尾のテーマは○△□ まるさんかくしかく。 METROは地下にある宇宙^ ^ 日本のみならず世界中の様々なカルチャーが集まる場所CLUB METRO。 私も2010年に谷川俊太郎さんのイベント"俊読"に出演させていただきライブパフォーマンスをしました。 学生の時に、オーナーのニックさんから"音楽は世界中の人が1つになれる。そんな場所を作りたくて"という言葉を聞いてから、ずっとMETROのファンです。これからも大好きな場所!METROを応援しています^ ^ METRO KYOTO 30th SHOPにて購入いただけます! https://www.kyotometro.com/ #Repost @metro_kyoto with ・・・ 【第二弾はロンTプロジェクト!メトロ30周年特設WEBショップより、新たに6名のアーティスト/デザイナーによる長袖Tシャツを展開】 第一弾もご好評を頂きました、京都CLUB METROが今年30周年を期に新たに開設したWEBショップ『METRO KYOTO 30th SHOP』。この秋の第二弾ではロングスリーブTシャツにて、アーティスト、デザイナー、書道家ほか6名の方々による8シリーズを展開します! CUBISMO GRAFICO、ニール&イライザからLEARNERSまでメトロには長年ライブ、DJでご出演頂いてる「松田"CHABE"岳二」さんを始め、関西のクラバーには数々の鮮烈なフライヤーデザインでもお馴染みの「CHATA」さん、数々のCDジャケットやフライヤーデザインを手掛ける「IPPI」さんは今年発表された全59組の音楽家によるメトロ支援コンピレーショ『Save The Metro Compilations』のジャケット・アートワークで参加して頂きました。更には書家としてNHK大河ドラマ「八重の桜」オープニング映像や数々のCMや商品でもお馴染み、現代アートとのコラボなど多彩な活動で知られる書道家「川尾朋子」さん、メトロでは初期ダイヤモンドナイトでのDJ、Softpadメンバーとしてのパフォーマンスなどで幾度も出演して頂き、美術・音楽・舞台芸術など幅広いデザインワークで活躍されているグラフィックデザイナー/アーティスト「南琢也」さん、端正なデザインワークで数々のフライヤーデザインやCDジャケットを手掛ける「西岡征太郎」さん、という長年メトロとご縁を頂いているアーティスト/デザイナーの方々に、それぞれのメトロへの想いを巡らせて頂いた素晴らしいデザインのTシャツを作り上げて頂いてます!この秋に向けてのロンTシリーズ、是非チェックして頂きたいものばかりです。 「METRO 30周年特設WEB SHOP」 <https://www.kyotometro.com/> #METROKYOTO30thSHOP #京都メトロ #京都METRO #京都クラブメトロ #京都clubmetro

A post shared by TOMOKO KAWAO (@kawaoto) on

花言葉

2020.09.22

お花が届きました。
花言葉は「希望」「常に前進」

119953501_610931806267683_4578036840211839261_n

今日は最終日。

昨年のParisでは、Cité internationale des artsに滞在していました。

2020.09.19

昨年のParisでは、HITOMOJI PROJECTのリサーチと制作のためにCité internationale des arts @citedesartsparis に滞在していました。

部屋からはセーヌ川とノートルダム大聖堂が見えてとても気持ちいい場所。毎朝、同じ施設に滞在している音楽家達が楽器で基礎練習をしている音が聞こえて。

インタビューさせてもらった写真家の@norazairもアルジェリアからこの施設に滞在していたから出会えました。他にも映画、ダンス、美術など様々な分野のアーティストが世界中から来ていて、もう少し長く滞在できたらなあと思いながら帰ってきたのでした。

昨年Parisに1ヶ月滞在したときのことを思い出してます。

2020.09.19

昨年Parisに1ヶ月滞在したときのことを思い出してます。
@melodiesgraphiques では仁海先生に西洋のカリグラフィーを教えていただきました。

西洋もまた、祈りや政治を記す文字として石に彫ったものから始まっていて、日常でよく見る書体にも深い歴史がある。

仁海先生が書いておられる手元を見てはため息ばかり、、アラベスクを書くのは至難の技、紙の上でペンが舞うフィギュアスケートを見ているよう、技術とセンスにリズムや呼吸が加わり、まさに鍛錬の賜物でした。