「有頂天會」書かせていただきました。

2018.11.26

平成30年12月15日(土)京都先斗町歌舞練場にて開催されます。

有頂天會は、藤舎呂悦さまと藤舎貴生さまの親子合同の会で、
囃子と笛の一門の皆様の演奏会です!
(よく見ていただくと、打、吹の文字もポスターに^_^)

当日は、松本幸四郎さま、尾上菊之丞さまも
小鼓と大鼓でお祝いに出演されます。

お問い合わせ info@tosya-kisho.com

●藤舎貴生さまのページより↓
有頂天會は「有頂天外」という言葉にかけておりまして、
意味はこの上ない喜び。我を忘れ夢中になる。
ですので門弟の皆さんが我を忘れるほど稽古に夢中になり、
この舞台でこの上ない程喜べる成果が出ますように。
そうであれば父も私も有頂天?になれます(笑)
そういった願いを込めて〜
お時間御座いましたら是非お越しくださいますよう、宜しくお願いします

46774717_10215567512655168_3756054350389051392_n

“Autumn”

2018.11.25

京都は秋晴れ。
すでに冬の気配が感じられますが
残りの秋を楽しみたい。

46763284_2351278894900567_2151293176617369600_n

二十一世紀連綿シリーズ

「Culture Foodie」 書かせていただきました〜!!

2018.11.23

12月5日にJR京都ISETAN 地下一階
食品フロア 増床リモデルオープンです。

英語を縦書きにする二十一世紀連綿シリーズに
お菓子の材料のバナナ、さつまいも、小豆、ブルーベリー、
お抹茶、栗、苺、卵を加えて。
※撮影後は大切にいただきました

食を文化として捉えると
新しい発見があるはず。

食べることがめっちゃ好きなので
書かせていただけて嬉しいです。

46665869_10215549357561302_505668081968742400_n

「不二」書かせていただきました。

2018.11.22

北海道遠軽町の真言寺、黒田大真住職にご依頼いただき
「不二」書かせていただきました。

46499133_10215541254958742_6561356714157801472_n

「不二」
世の中に存在する対立概念、善と悪、生と死、
自分と他人、男と女など、、、本来はひとつであるということ。

長年制作している二つの点の間にある見えない筆動を見るという
自身の”呼応シリーズ”と重なる部分を感じたので、
不の最終画と二の一画目を、空中の筆から滴る墨で繋げました。

まだまだ未熟ながらも仏語を書かせていただき、
学ぶ機会もいただけて、本当に有り難い限りです。

(表装:立入好和堂 村山秀紀)

「白鳥の歌」一日限りのステージへ @京都コンサートホール

2018.11.21

書かせていただきました、
作詞家の松本隆さん現代語訳によるシューベルト歌曲集「白鳥の歌」

今日はレコーディングした場所である京都コンサートホールにて
テノールの鈴木准さん、ピアノの巨瀬励起さんによる一日限りのステージでした。

セレナーデ、ドッペルゲンガーなど圧巻の演奏、
中川右介さんと松本隆さんの解説もあり充実の時間。
シューベルトの歌曲は、系譜をみるとJ-POPの源流なのかもしれないという
中川さんのお話も興味深かったです。

「美しき水車屋の娘」「冬の旅」「白烏の歌」26年に渡り
シューベルト三大歌曲集の現代語訳を完結させた松本隆さんは、
ステージを終えたお二人と固く握手!!

46479352_2346005862094537_48898902744629248_n